レンタルできる福祉車両の種類

福祉車両とは、障害のある方や高齢の方が乗りやすいように改造してあったり、付属の部品が備え付けられている車両です。福祉車両は自操式と介護式とあり、自操式は障害のある方が自分で運転できるようになっているタイプのものです。例えば、片麻痺のある方用にハンドルに取っ手の様な部品が付けられていたりするものなどです。介護式は、介護する方が、車に乗せたり降ろしたりをしやすいようにしたタイプのものです。

例えば、車いすのまま乗せやすいようにスロープが付いていたり、座席が回転して外まで動かせるようになっているものもあります。福祉車両は、購入するとき助成金が出ますが、自治体や障害者の障害の重症度によって違ってきます。以前は高額でしたが、現在は福祉車両ではない車と同じような値段のものや、大手車メーカーによるレンタルサービスもあります。また、現在乗っている車を、改造することもできます。

福祉車両の種類として、助手席が回転する回転シート型、後部にリフトやスロープが付いている車いす型、また、それのバスタイプ、ストレッチャーが乗せられる寝台車型などがあります。改造や購入だと、乗る方の状態が変わったときに困ることもありますが、レンタルだと状態に合わせた車をその都度借りることができます。また、カーリースであれば、5年前後で新しいタイプの車にも乗り換えも可能です。もちろん、レンタルやリースであれば、助成制度もあるので、負担も軽く済むことが多いです。

名古屋のレンタカーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする