使い勝手の良い福祉車両をレンタルする

身体の不自由な人は、車いすを利用しており、車に乗り降りをすることがとても大変です。ウェルキャブ車といい、専用の福祉車両をレンタルをすれば、車いすのまま車に乗り降りができますので、とても便利です。車いすの方は、旅行に行きたくともなかなか移動することが不便なので、行動範囲が狭くなってしまいますが、旅行の際に福祉車両をレンタルすることで、どこへでも自由に移動することができますので、旅行などを楽しむ機会も増えます。レンタル料金は通常の車と同額の費用で利用することができますし、福祉割引といい、身体障害者手帳や療育手帳などを提示しますと、体の不自由な方ご自身が運転する場合はもちろん、同乗するだけでも安くウェルキャブ車をレンタルすることができます。

ウェルキャブ車にはさまざまな専用の装置が装着されており、車いすごと乗り降りができるスロープがついている場合もありますし、リフトで車いすごと車内に乗り込むこともできます。ほとんどの場合は車の後部の跳ね上げ式のボンネットを上にあげて、後ろに乗るという形式が多いです。しかし、後ろではなく普通に後部座席や助手席などに座りたいという方は、スライドシートが用意されていますし、リフトアップ機能などを備えている福祉車両もありますので、体の不自由な人の要望を満たしてあげることもできますし、運転手にとっては、身体障害者の状態を常に見ておきたい場合も多いので、助手席などに乗ってもらった方が都合が良い場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする