福祉車両はレンタルがおすすめ

日本は高齢化社会を迎え、福祉に対する意識も高まってきました。そのため、徐々にレンタカーの中にも福祉車両が増えてきました。福祉車両は、「介助式」と「自操式」の2種類に分けられます。介助式とは、身体の不自由な人を介護・送迎するための装備を備えた自動車のことです。

それに対して、自操式とは、体の不自由な人が自分で運転するための補助装備を備えた自動車です。一般にレンタルされている自動車は介助式がほとんどです。福祉車両のレンタルが増加しているのは、様々なメリットが存在するからです。まず、福祉車両は特別な装備を備えているため、販売価格も通常の自動車よりもどうしても割高になってしまうため、マイカーとして購入するには金額的に大きな負担となってしまいます。

しかしレンタルなら、利用したい時だけその分の使用料を支払うだけで済むので、負担も少なくて済みます。そして、一般的には背の高いワンボックスカーが多いので、立体駐車場などその駐車場の条件によっては購入できないということもあります。しかしレンタルなら、利用したい時だけ借りることになるので、駐車場は必要ありません。そのため、駐車スペースで悩む必要も無くなるのです。

また他にも、実際に購入する前に、それぞれの福祉車両の装備の使い心地や運転しやすさなどを、レンタルして試してみるという使い方もあります。このように、様々なメリットがあるため、利用者が増えつつあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする