福祉車両をリースにするメリットとは

医療機関や介護老人ホームなどでは福祉車両が非常に重要になります。特に近年の高齢化社会に於いては福祉車両がない場合にはなかなか患者が通院してくれない、要介護者が入居してくれないなどの問題が発生します。その為、このような施設では福祉車両が非常に重要な意味を持つものです。しかし、これらの車両は一般の車両に比べ高額なほか、その台数も少なくなかなか手に入るものではありません。

その為大規模な施設であれば導入が可能ですが、中小の施設の場合には高価な車両を導入することは予算的に厳しく、なかなか導入できるものではありません。そこでこのような施設が福祉車両を導入する方法の一つとして、リースをする方法が有ります。リースをすることで導入費用を低く抑えることが出来るとともにその費用の費目を設備費から月額の営繕費などにすることが出来ます。設備費とした場合にはその物品はその施設の設備となり税金が課税されることになりますが、リースであれば設備として課税されることはないため、経済的にも有利になるのです。

但し、大きな施設の場合には一括で購入する方が購入費用に対する援助が出ることも多く、一次的に大きな金額の負担が出来る所であれば購入した方が有利になる場合もあります。但し、中小の施設が購入する場合にはその金額は現金で支払えるものではないこともあり、リースで導入する方が有利になります。福祉車両を導入する際にはこのような経済効果を十分考慮して導入することが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする