Skip to content

ハト駆除は業者に依頼するべき

ハトが住宅の庭やベランダに住みついた時は糞尿による被害などで衛生面が悪化してしまいます。そうなると外観も損なわれますし、そこに住む人の健康被害が出る可能性があります。しかしハトがベランダや庭に住みついたからといって勝手に駆除してはいけません。これは鳥獣保護法という法律によって定められている事なので、駆除をする場合は業者に依頼しなくてはなりません。

業者に依頼した場合は業者がハトに危害を加えない方法でハト駆除を試みて不可能な場合のみ行政に許可を得てハト駆除を行います。もし自分で無理に撃退しようとしてハトを傷つけてしまうと法律に違反する事になるので、ハトによる問題が発生した時は専門の業者に相談するべきです。無許可でハトを捕獲したり、危害を加える形で駆除してはいけませんが防止策を施すのは問題ありません。その為ハトが近寄りにくいように対策をする事は自分でできる対策として有効です。

ハトの天敵となる蛇などの動物に似せたハト避け用品を庭やベランダに設置したり、使わないCDなど反射する物を設置するとハト避けの効果があります。さらにハトが餌を確保できる環境を作らない為にベランダや庭先を清掃してごみを放置しない事やその付近にゴミ捨て場がある場合は移動させるなどの対策が必要です。これらの対策をしてもハトが住みつく事はあるので、住みつかれた時は被害が大きくなる前にハト駆除を行っている業者に連絡して相談するべきです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です