まずはレンタル福祉車両

福祉車両と一口に言っても、さまざまな種類があります。車いすで乗り降り可能の場合も、介助者と車いすが一緒に乗り降りできるスロープ型、車いすのみ乗り降りするリフト型など、ご本人も介助者も楽なタイプを選ぶことが重要です。以前は、大きなバンタイプの車しかありませんでしたが、最近はミニバンでも多くの種類が対応していますので、運転する方も、普段運転されている車と同じように運転することができます。けれども、実際に使ってみるとどういう感じなのか、操作や振動はどうなのか、というのは、使ってみなければわかりません。

ご購入を考えている方は、まず福祉車両のレンタルがおすすめです。購入しようと思っている車と同じタイプがあれば一番良いですが、なければ近いタイプをレンタルするとよいでしょう。運転する方が乗りにくいと感じると、気持ちよく運転できません。運転する方がいいと思う車、かつ介護者の方が安心し、快適に乗れる車。

そして操作性のよさもはずすことができないポイントです。通院やリハビリで利用頻度が高い時はもちろん、ちょっとした旅行に行きたいと思えるような車を選びましょう。他にも、車いすを使用しない場合、サイドリフトと呼ばれる助手席が回転するタイプもあります。乗り降りに不自由な方、ケガをしている方などにぴったりです。

福祉車両は、補助の手すりや、サイドステップ、クレーンの装備や、シートの脱着ができるタイプもあります。そちらの装備も合わせて、まずはレンタルしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする