福祉車両をレンタルする時の選び方

福祉車両をレンタルする時には、利用する方の体調や障害に合わせた車種の選び方を知っておくと快適な車種を利用できるようになります。まず、福祉車両をレンタルする時に、車椅子に乗ったまま乗降するなら、後ろのドアから乗り降りが出来てスロープかリフトが使えるものが適しています。立った姿勢が出来ない方は、この車種であれば、安心して乗降をしてもらえるのでお勧めです。次に、後部座席に車椅子から降りて乗れる場合には、座席が電動で動いて車外へスライドして高さがダウンできる車種がお勧めです。

車に乗り込む動作は、下肢が不安定だと出来づらいことも良くあります。このような時でも、この仕様の福祉車両をレンタルすれば、電動で動くため負担がかかりません。そして、助手席に乗る場合は、回転レバーやスライドレバーの手動操作で、助手席が回転するので、車外にスライドし乗降をサポートしてくれる車種があります。これらの福祉車両をレンタルするには、電話、インターネット、あるいは店舗でも可能です。

標準の車種と同額でレンタル出来る車種もあるので、出来るだけ経済的に利用をするには、そうしたメーカーの福祉車両を探すと良いでしょう。レンタカーを利用する時に、身体の状態がどうであるかも分かりやすく伝えるようにすれば、適切な車種が見つけられます。より快適に使用できるようにするためにも、介護される人、介護者も一緒に利用をする時の希望を絞り込んでおくのが賢明だと言えます。24時間のレンタカーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする