レンタルも可能な福祉車両について

現在の日本は高齢者の人口分布が大きくなっている状態であり、高齢者向けの商品が多く開発されるようになってきています。自動車においても共通しており、大手の自動車会社からは複数の福祉車両が販売されています。福祉車両というのは、高齢者や障害者でも利用しやすいように設計された車両のことを言います。高齢者や障害者が車の利用の際に一番困るのは、車への乗り降りです。

車への乗り降りにはある程度の筋力とバランス能力が必要であり、自分ひとりで行なう場合だけでなく、介護する場合にも難しい動作になります。最近では座席が回転して外側に出てくる乗り降りがしやすい車や、車椅子のまま乗り降りができる車が発売されています。発売される車が増えるに連れてレンタル会社でも扱うケースが増えてきており、購入が難しい人や頻繁に車を利用しないという人にはレンタルという選択肢もできるようになってきています。日本社会は車社会であり、車がないと生活が難しいという環境があります。

特に地方の人口の少ない地域では、お店や病院などが少なく買い物や通院をする際には車は欠かすことができません。車を頻繁に利用するというのであれば、高齢者にとって安全で、安心して利用できる福祉車両を選択することは大きなメリットがあるということができます。導入することで、車の乗り降りの不安がなくなることで遠方への外出もしやすくなり、家族一緒に旅行などを楽しむことも可能になります。購入かレンタルかは利用状況に合わせて考えると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする