福祉車両レンタルで知っておきたいこととは

体の不自由な人の送迎や、旅行にも利用できる車種の1つに福祉車両があります。福祉車両は、介護施設や医療機関においては常備されていう車両となりますが、一般家庭で利用をする場合には、その購入価格や使用頻度の面から考えた場合に、レンタル活用が最も適した方法となります。福祉車両は、ほどんどのレンタカー会社で取扱いを行なっていますが、大手の場合にはその種類も数多く、ここではニーズに合わせた車種をレンタルすることができるようになっています。タイプとしては、車いす仕様車、サイドリフトアップシート車、後席回転スライドシート車、助手席リフトアップシート車、助手席回転スライドシート車、サイドアクセス車があり、車いす仕様車においては車いすに乗ったまま乗り降りができるタイプとなります。

他に関しては、対象者が健常者と同じようにシートに着座をすることで移動をすることができるよになっており、車に対しての乗車アプローチによって、その形態が異なっています。レンタル期間に関しては、一般レンタカー同様に、6時間、12時間、24時間、一日ごとなどで利用することができるようになっており、料金に関しては、車種にもよりますが、概ね6時間使用で5,000円代後半からの基本料金が掲げらえています。特徴としては割引特典が付いていることがあり、ここでは、身体障害者手帳や療育手帳を提示することで割引きを受けることができるようになっています。福祉車両レンタルの注意点としては、まず、会社によってサービス内容や予約方法が異なる場合があり、中には、ネット予約に対応をしていない場合もあります。

そのために事前に確認をした上で予約を入れる必要があります。また、車両においては、装備が一般的でないために必ずマニュアルに沿った取扱いを行なう必要があり、使用する前には動作の確認を行なう必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする