個人向けの小型の福祉車両のリース

福祉車両をリースするというのは、なにも法人にかぎったことではなく、個人であったとしても可能なことです。しかし、福祉車両というのは、それなりに一般的な乗用車よりも、しっかりとした設備を付け加えているものですので、たとえリースであるといっても、毎月数万円といったリース料金が必要となり、個人にとってはそれなりに経済的な負担になってしまうおそれがあります。こうしたときには、リースする車両の種類を工夫することによって、月々の代金を節約するという手があります。福祉車両といえば、多くはワンボックスカーのような大きな車体で、ハッチバックになっているドアにスロープを渡して車椅子でそのまま車内に入れるようなものを想像するかもしれませんが、こうしたタイプの車両はごく一部です。

そのほかにも、外見はまったくふつうのセダンやコンパクトカーとまったく変わりがないものの、手動または電動式で、座席が車内から車外に移動し、車椅子からの乗り降りがしやすくなっている車両などがあります。こうした小型のタイプの福祉車両であれば、個人でリースをしたとしても、それほど金額的に負担になることもありませんし、外見からも福祉車両であることを意識させませんので、使い勝手としてはひじょうにすぐれています。どのような車両をチョイスするかは契約をする前の時点で相談の上で決められますし、詳細な見積書も交付されるはずですので、希望があれば営業担当者にすべて伝えるのがよいといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする