福祉車両をリースする利点

福祉車両というのは、ふつうの乗用車とは違って、車椅子のままで車両後部から乗り込むことができるようになっていたり、あるいはドアに車椅子を横付けして、そこから運転席を回転させて楽に乗り込むことができるようにしたりといった、さまざまな工夫が凝らされているものです。これらは福祉車両のタイプや目的によっても違いはあるものの、ふつうの乗用車以上に手間がかかっているため、同時に価格的に高い水準にあるというのはまちがいのないところです。このようなことから、福祉車両をもし購入しようとすれば、最初に多額のお金を準備しておかなければならず、経済的に余裕がない場合には、そもそも購入することさえできなくなってしまいます。しかし、リース方式で取得する場合であれば、トータルの費用が購入の場合を超えたとしても、毎月単位でリース料を支払えばよいため、初期費用でみればきわめて負担が軽くなります。

メンテナンスや修理の費用なども基本的にはリース料に含まれるため、いつ故障するかわからない複雑な福祉車両の場合、ふつうの乗用車よりも逆にリース方式のほうが有利かもしれません。さらに、福祉車両とはいっても、身体の障害や介護が必要とされる程度によって、どのような装備を付けるかというのは当然違ってきますが、車両のラインナップも基本的に多種多様ですので、本人にみあったものが選べるというところも、カーリースの方式で取得するときのメリットであるといえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする